OndaSatoshi OFFICIAL WEBSITE
恩田聖敬オフィシャルWEBサイト

Company

まんまる笑店

会社概要

会社名 株式会社まんまる笑店
所在地 〒502-0849 岐阜県岐阜市栄新町3-92-603
設立記念日 2016年6月30日
代表者 恩田聖敬(おんださとし)
資本金 100万円

社名の由来 ~「まんまる笑店」に込めた思い~

「まんまる」

私は「まる」が好きです。なんだかホッとするかたちです。まるを進化させた「まんまる」はとっても優しい響きです。まる=輪、まる=切れ目がない、温かい言葉です。

一方で、まるという形は、どこから見てもまるであり、普遍的な強さも内側に秘め持っている形です。『優しくて強い』、まんまるはある意味では最強の形かもしれません。

私は今までの人生、人の輪に恵まれました。これからも、人の輪の中で仕事をしたいと思います。私のALSのように、人はみな、違う問題や制約をそれぞれ抱えています。でも、誰もがそれぞれの場所で一生懸命生きてます。何も変わりません。私の経験が少しでも、皆様の問題解決のお役に立てたらと思います。

また、自分の子供が覚えやすいようにひらがなにしたかったのも、大きな理由です。

「自分らしく生きる人生は楽しい」私はそう信じています。この会社を通じて、自分が優しくて強いまんまるになり、まんまるな人の輪を広げていきたいと思います。

「笑店」

この会社が扱うもの、提供するものは、笑顔につながるサービスでありたいと思います。笑顔を届けて、笑顔をつなげて、私も笑っていたいです。
そして、お客様と触れあう場所=現場=「お店」を大切にしたいと思っています。

まんまる笑顔にあふれたお店、そんな願いを込めた「まんまる笑店」を、どうぞよろしくお願いします!

代表取締役社長 & 片道切符秘書

代表取締役社長 挨拶

皆様こんにちは。社長の恩田です。
このページをご覧いただき、ありがとうございます。

私は前職のFC岐阜社長を含め、若輩ながら多くのチャレンジに挑戦するチャンスを与えていただきました。その度に必死に仕事と向き合い、泥臭く取り組んできました。自分の意思で決めて行動し、後悔が無いことに自負を持っていました。

しかしながら、改めて考えてみると、私の知らないところで私を立ててくれたり、フォローしてくれたりと、まわりのみんなのサポートがあったからこそ、後悔なく来られたのだと思います。そう考えると私は、沢山の人の善意により、掌で転がされていただけなのかもしれません。

私はそれでもいいと今は思います。私の強みは「人の輪を自然に作ることができること」だと言ってくれる人がいました。それが本当なら、こんな有難い話はありません。

これからも人の輪=まんまるを作り、お客様と一緒に笑顔になれたらいいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。ALS社長のスタートです!

株式会社まんまる笑店
代表取締役社長 恩田聖敬

事業概要

1. 執筆、講演、対談といった表現活動

【執筆実績】

ブログー週2,3回ーALS、ビジネス小噺、家族、FC岐阜など
Facebook、Twiterー随時ー日々の活動、お知らせ
集英社ウェブマガジンのスポルティーバー隔週ーFC岐阜社長体験記
岐阜新聞、中日新聞、岐阜商工会議所月報ーコラム

☆内容に合わせて、500字~2,000字程度で受け賜わります
遅筆なため、納期は事前に要相談

【講演実績】

岐阜市教頭会ースポーツを通じた地域活性
ライオンズ、ロータリーーFC岐阜が担う地域貢献の役割
中学生徒ー私の中学時代とふるさとへの思い
PTAーALS流子育て術
一般ーALSの実態と克服法

《その他講演例》
福祉関連ー患者目線で見た福祉サービスの問題
学生ー自分で決めることの難しさと楽しさ

☆パワーポイントと合成音声を使ったプレゼンテーション+質疑応答の1時間程度が基本となります

2. 研修、セミナーといった教育活動

【研修実績】

生命保険会社ー社員向け研修の講師
銀行主催セミナーー起業希望者向け講師
各種大学ー特別講師
新社会人ー社会人の心得

《その他研修例》
会社に必要な人材になるには
就職活動で大切な3つのポイント
部下を導くための考え方

☆パワーポイントと合成音声を使ったプレゼンテーション+質疑応答の1時間程度が基本となりますが、ディスカッションへの参加など、ご要望に合わせて受け賜わります

3. コンサルティング、アドバイザーといった経営支援活動

☆私はFC岐阜社長に就任する前に、複数の上場企業において、約5年管理部門(総務、人事、経理財務、法務、システム、経営企画)の担当役員を務めました。また、現場叩き上げで、お客様の近くの声を大切にしてきました。こんな私の経験が、何かお役に立てたら幸いです。

4. 医療、福祉サービスの改善活動

自分が障害者という立場になって、初めて触れた医療、福祉の世界には首を傾げたくなることがたくさんあります。1人の患者として、患者と家族が不必要な我慢をしなくて済む社会を目指したいと思います。